歴史的日記

contact: yoheitabo@gmail.com

卒論感想・口頭試問対策

今日は卒論の口頭試問で、何もせず時間が来るのを待っていても仕方がないので、一応自分の卒論を読んだメモでも作ろうと思う。
結構たいへんなところが多くてちょっと困りそうなので、ツッコまれそうなところを適当にまとめた。

 

研究テーマ

アメリカおよび日本におけるアメリカ西部史研究の展開

 

研究の概要

19世紀末から21世紀に至るアメリカ西部史研究の諸潮流を概観し、中でもフロンティア理論をめぐる議論や、1980年代以降に起きた西部研究細分化の過程を把握するために、アメリカ西部史研究の論点を時代ごとにまとめることを目標とした。
まず日本における研究の出発点を1970年代に始まる渡辺真治の研究を出発点とし、以後1980年代における一般向け新書の出版、1990年代末における西部史研究の大家岡田泰男の研究成果、2000年代における柳生智子と小塩和人の研究について、それぞれの成果が現在の西部史学史に与えた影響を検討した。
次に、アメリカにおける近年の研究動向として、ウィルバー・ジェイコブズ (1994) とスティーブン・アロン (2011) を紹介した。
最後に、結論として、柳生 (2015) の示す西部研究の見通しについて、改めて評価した。

 

卒論の不備

以下、卒論に発見した主な不備を、ヤバさ順に並べる。

 

重要な不備

(1) 第2章 アメリカにおける近年の研究動向 の記述が不十分
本研究での最大の不備。
英語文献を読みこなし、論点を吸収しつくす余裕がなかったのが敗因であり、スケジュールに問題があった。
一応、以下の2冊については、日本語で紹介されたことはないので、全く無意味な章だったということはないはずだが、それにしても、もう少し論点を整理して、西部史学史に位置づけるための努力は必要だった。
・第2章第1節 ウィルバー・ジェイコブズのターナー研究 (1994) についての問題
・第2章第2節 スティーブン・アロンにおける複数形の「フロンティア、ボーダーランド、西部」の意味 (2011) についての問題

(2) 「西部」という枠組みの問題について、検討していない

(3) 結論で示した議論の整合性が微妙

 

普通の不備

(4) 引用部が多く、それらについて十分に検討していない

(5) 序章第4節 用語の確認 において、「西部」という用語の解釈について、確認していない

(6) 第1章第1節の検討が薄い

(7) 第1章第2節の結論がない

(8) 第1章第3節の記述が偏っている

 

些末な不備

(9) 読点のミス

 

卒論でよかった点

  • 英語文献の読解に比べると、日本語文献はまあまあ読み通せた。
  • また、英語文献も一応短期間で集中的にいくつかは追っていたので、アメリカ史のような背景知識をもっている分野の英文だと、割とすらすら読めるになり、多少の自信はついた。
  • 専門的にアメリカ西部史を研究する人以外はまず触れないであろう文献を、古いものから新しいものまで幅広く集めるのは楽しく、またアメリカ史・文化史に関するより深い勉強のための大きなステップアップにもなった。
  • やっぱり思想史的な方法論に関心があるということを再確認できた。

2018年

留年

3月末の成績発表で留年が決まった。
3年次の最後の方で授業に出なかったのが原因。
まあ2年次もあまり出てなかったけど……
何にせよそこから再起して4月から12月にかけては1年次以来の真面目さで授業に出た。

卒論

卒論を5年目に書く選択肢もあったが、担当の先生と相談の上、今年書くことにした。
最後の方の進捗管理が甘くて、使おうと思った文献を十分に読み込めないという難はあったにせよ、結果として今年書いてよかったと思う。
字数だけ間に合わせたのでクオリティはひどいものだが、まあ仕方がない。
口頭試問は1月の終わりにあるので、卒論の合否はまだわからない。

卒業

もちろん同期は2019年3月に卒業することなるが、僕は単位が足りないので、恐らく2019年9月か2020年3月に卒業することになると思う。
学費の問題で、できれば2019年9月に卒業したいが、今年の成績次第では、5年で卒業できるかどうかも怪しい。
人生の見通しが立っていない。
二浪の上、大学卒業に6年をかけてしまうと、社会的ステータスが渋い感じになってしまうが、その分人よりスキルを磨けばそれで十分という心構えでやっていく。

就職

とりあえず2019年9月卒業を前提として、就職活動は始めようと思う。
留年が決まるまでは、のんきに進学も悪くないかもなとモラトリアムを延長する気満々だったが、色々な人と話す内に、一刻も早く金を稼ぎたい気持ちに駆られたので、今年はインターンシップや説明会に繰り出した。
収穫はまあまあ。
何といってもこれから次第だ。

勉強

卒論と就職を意識して今までは読んだことのない本を手に取る機会が増えた。
アメリカ史はまだまだ日本語でも勉強できるが、テーマが決まってたらむしろ英語の方がコスパがいい、と気づく段階まで持っていけたのでよかった。
就職に関連してビジネス書はよく読むようになった。
なんでもかんでも読む訳にはいかないので、とりあえず売れ筋と評判のいい本が中心だった。
プログラミングと数学の勉強をしようしようと思って、まだ全然なのでそれはこれから。

いま「今年読んだ本2018」という記事も書いているのだが、あんまメモを取ってない本がかなり多いのでコメントを書くのに時間がかかり、公開するのはいつになるかわからない。

英語

TOEIC L&R のスコアが
2月15日 595点
5月12日 710点
という伸び幅だった。
これらは卒論の勉強の前だったということもあるし、次受けたらさらに伸びると思うので、今度はそれなりに対策をしてから800点台を狙う。
現況では英語を自分の読みたい文献を読んだり必要な情報を得たりするのに使いたいが、それ以上に、いずれは海外で一人で生計を立てたいので将来のサバイバルスキルとして必要。

労働

今年のバイトは、
大学の資料室の整理
ラーメン屋
模試の採点バイト
ぐらいだったと思う。
全然働いていないのは、授業への出席やサークル、勉強、就活に集中し過ぎたという感じで。
お金がなさすぎて何度か死にそうな目にも遭ったものの、お金がない話ってネタにしても深みが出ないし、何より辛気くさいので、すぐに記憶がなくなる。

よって、記すことが特にない。

アニメ

テレビシリーズは
ポプテピピック
メガロボクス
SSSS.GRIDMAN
ジョジョの5部
あたりという感じだった。
他にも DEVILMAN crybaby とかあったけど、これは一回観たらいいかな…という感じだった。
かなり考えたけど結局湯浅政明のアニメがそんなに好きでないという理由が大きい。
卓球と旅人の「今夜だけ」は最高だったが。

映画について、今年はリズと青い鳥の年だったなーという感じはするものの、松田彬人作曲?のオリジナル吹奏楽作品がとにかくよくなかったので、そこまでハマりきれなかった。

Agraph 牛尾憲輔はかなり好きなんだけど…

11月に交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューションの第2作 ANEMONE が公開され、これは大変よかったので二回見に行った。
常に劇中のストーリーラインと並行したメタフィクショナルなアニメ語り(そして庵野秀明語り)がメタファーを通じて開陳されるのだが、最終的に10年近くエウレカセブンシリーズを追ってきたファンに対するサービスを越えた奉仕の精神が立ち現れ、これに圧倒された。

やってよかったこと

たぶん15年とかぶりにディズニーランドに行ったのはかなりよかった。
年末に USJ に行く計画もあったものの、風邪を引いたので達成できず、それは残念だった。
次はディズニーシーと USJ を狙いたい。

やらなければよかったこと

特にない。
「やったほうがよかったこと」なら、もうちょい睡眠時間の管理を意識的にやればよかったのではないか、というタイミングがいくつかあったものの、まああんま深刻な問題も起きなかったので、とりあえずよしとしてしまう。
大した問題でなければ目をつぶってしまえの精神 → そして二度寝へ…

卒論の問題意識

アメリカ西部地域というのは、現代アメリカの発展において、重要な意義をもつと考えられてきた。
「現代アメリカの発展」と一口に言っても、まあ、色々あった。
この200年間に限っても、本当にさまざまなことが起きた。

 

もちろん歴史家の視野というのは、西部という地域やこの200年に限られるものではなく、たくさんの歴史研究者たちが(西部史の文脈を踏まえ、もしくは外し)より広い場所や年代をこれまで扱ってきた。
そうしてきた専門家の歴史観と、一般の人のそれは、重なり合うところも大きい(どちらにしても西部の歴史的意義そのものを否定する人は、──まあ臆見だが、──ほとんどいないと思われる)。
だが、その細部には、たとえば興味を持つテーマや、意義を考える際の手法などなどに相当な差異がある。
また、もちろん同業の専門家同士でも、ある問題について、全く違うアプローチを用いたり、異なる答えを導いたりすることがよくある。
今回の議論では、一般の人の持つ西部史観というのは対象にせず、この120年近くの間、西部史研究者たちが、どのような問題を設定し、どのような軌跡を描いて、現在に至ったのかを概観したい。

 

西部史研究で何が難しいかというと、まあ大して難しい話はないと思う。
ただ、「なぜ西部史でそのようなテーマが設定されてきたのか」という史学史的な文脈を押さえてから、それぞれの文献にとりかかった方が良い感じがする。
とはいえ、2018年における西部史学史の決定版みたいなものをまとめようとすると、膨大な量の文献に目を通して、議論を整理しないといけないので、それはちょっと卒論の問題として厳しい。
もう一つ問題の次元を上げて、「この120年間に西部史学史というのは、何回か整理されてきた。そのそれぞれの整理における方法と展望を拾っていく」という整理の整理みたいなものを考える。
「西部史学史研究史
まあ史学史の整理が起きるタイミングというのは、やっぱり西部史で何かしらあったんだろうというタイミングなので、その整理の整理にもそれなりの意味が与えられるんじゃないかという気がする。

メモ

アメリカ西部史学史の展開を次のように認識する*1

A. ターナー以前
B. ターナーのフロンティア理論
C. ボーダーランド研究
D. 「新しい西部史」
E. ジェンダー、環境、人種、階級などのテーマについての研究
F. 西部の神話性/史実の正確な把握
G. 西部枠組みの拡大化、グローバル化
H. アメリカ植民地史の修正

  • ターナーの引力から離れ始めたD以降は、分野が細分化しており、相互の影響などをうまく分析するのは難しい。
    • そもそもD-Hは時系列的に並んでいる訳でもない。
  • それに対して、A-Cはあくまでもターナーという中心をめぐる多数の歴史学者による議論の積み重ねであるので、何が問題とされているのかまだ理解できる、と思う。
  • AからHに至る大きな流れを考えると、学説の発展・交代ってそのまま学者の世代交代の歴史だな〜という気分になるが、それでいいのかどうか。

 

今後、A-Hに分節するという方法が正しいのかどうか、また各段階の移行にはどういう意味があるのか、ということを考えていく。

*1:主に 柳生智子「アメリカ史における西部 : フロンティア, ボーダーランドおよび西部研究の動向」『三田学会雑誌』108巻2号、2015年、157-184頁 を参照

日本語で読める「フロンティア学説」関連文献など

卒論の行方

卒論が行方不明になった。
夏頃から返信がなかったのだが、今朝方卒論の下宿を訪ねたところ、既に引き払われた後だった。
残された我々は卒論がどこに行ったのかについて語り合ったが、そもそも卒論がどこへ行こうとしていたかを知りうるほど卒論と共有した時間が充分にあった訳ではない。
いやむしろある時期から卒論と向き合わずに済むよう、回避的になっていたと認めざるを得ない。
だが卒論がいないことには話が始まらない。
我々は蒸発した卒論を追い求め、就活もそこそこに探索行動を開始した。
不在の学術的生命体・卒論は今もなお、空にして我々を支配し、沈黙をもって雄弁である。
卒論と再会するべく我々の焦燥感がビッグヒストリーを駆動せんと志す。
秋は肌寒いが、冬はきっと狂えるほどに熱くなるだろう。
いま物語なき物語が動き出す。

プラハの歴史的語源

プラハ Praha」という町の名前

・「プラハ」の語源については諸説あり、いまだに定説がない

 

・リブシェ伝説によれば、「プラハ」は、チェコ最初の公妃で超能力者だったリブシェが、まだプラハの町が創られていない時代に、未来のプラハの町を幻視して、チェコ語の práh から取った名前であるという

 

「práh」の意味

『現代チェコ語日本語辞典』=従来の日本語訳

・敷居、入口;はじめ、冒頭;限界

 

リブシェ伝説における意味

『コスマスの年代記』 (1120s)

ある日リブシェは霊感に満たされて、夫のプシェミスルの前で予言を行なった

「お城が見えます。その栄光は天まで届くでしょう。(中略)…森の中で家の鴨居(práh) を削っている男が見つかるでしょう。そして、低い鴨居のもとでは大きな男たちも身を屈めるので、この出来事にちなんで、あなた方が建てる城は Praga (Praha) と名付けられるでしょう」

 

『ダリミルの年代記』 (1314)

鴨居 (práh) のために、町はプラハと名付けられるでしょう。その町の力は大きなものになるでしょう。なぜなら、公たちも王たちも、獅子のように強い人々が、頭に怪我をしないように鴨居に対して頭を下げるのと同じように、私の町であるプラハに対してもそうするでしょうから。というのも、その町には名誉と賞賛が与えられるでしょうから。

 

マヘク『チェコ語語源辞典』

・家の壁がその上に立てられる、基底部の頑丈で大きな木=「土台」

・その後、意味が拡張

            「框」を指すようになる

            更に「鴨居」をも指すようになった

ところが、その後 práh はもっぱら「敷居」の意味でのみ用いられるようになり、現代チェコ語辞典にも「敷居」の意味しか記述されていない

 

ドイツ語からの影響、「プラハ」イメージの変容

・Schwelle 「敷居」「境界」「入口」「始まり」というような比喩的な意味を持ちうる 

 

プラハの語源は「敷居」であるとした方が、「プラハ」も比喩的・重層的な意味を持ちえ、プラハのイメージも深みを増すことになる

            ドイツの詩人ブレンターノの戯曲『プラハの創設』 (1815)

            オーストリアの劇作家グリルパルツァーの戯曲『リブッサ』 (1872)

「敷居」という想像上の語源は、プラハの町の性格を規定するのに、格好のものとうけとられてきた

 

「幻想の錬金術の町」という規定

ヨーロッパの十字路たるプラハ

・西欧と東欧との敷居

・スラヴ民族とゲルマン民族との敷居

・正教とカトリシズムとプロテスタンティズムとの敷居

・過去(中世的で古風)と現在(モダンで前衛的)との敷居

 

幻想と現実との敷居

カフカ、ネズヴァル、サイフェルト、フラバルなどの作品

 

【引用文献】

石川達夫『平凡社選書 205. 黄金のプラハ 幻想と現実の錬金術平凡社 (2000)

『現代チェコ語日本語辞典』大学書林 (2001)

チェコ史?

友達がチェコ関係の勉強会をやるらしいので便乗するなら何をやりたいか考える。

 

まずチェコ研究のビブリオは 東京外国語大学附属図書館「チェコ研究のための基本文献」 (2014) *1 が最適っぽい。

これをみると日本語での研究は、ハプスブルクナショナリズム社会主義時代、プラハ史、プラハの春あたりが充実しているのだろうか。

僕の親世代だとチェコ・スロヴァキアがセットになっていて、どう違うのかみたいな話になることがあるが、確かにボヘミアモラヴィア・スロヴァキアの違いがよくわからない。

 

 

薩摩秀登『物語 チェコの歴史—森と高原と古城の国』中公新書 (2006) と大津留厚の概説書・チェコ系移民研究はそのうち読みたい。

 

Amazon の Prime Video でナショナル・ジオグラフィックチェコ:プラハ というのがあるのでそのうち見る。

最近読んでる文献

卒論関係

人から卒論で何をするのかを聞かれた時に、フロンティア理論を説明して、アメリカ西部そのものが「アメリカ的であり、アメリカ国民の一部であり続ける」*1 みたいな言い方をして、アメリカ西部史学史・思想史の整理*2 を図る、みたいな言い方をすることが多い。

West(s), frontier(s), borderland(s), middle ground(native ground) といった概念の今日的な整理をやりたいが、そもそもの出典をまだ読んでいない。

  • Herbert E. Bolton, The Spanish Borderlands: A Chronicle of Old Florida and the Southwest (New Haven, CT: Yale University Press, 1921).

  • Richard White, The Middle Ground: Indians, Empires, and Republics in the Great Lakes Region, 1650-1815 (Cambridge: Cambridge University Press, 1991).

など。

そんなことをする必要はないんだけど、あえて、あえてアメリカ西部史と日本史とのアナロジカルな接続を考えるのであれば、北海道開拓がふさわしいという感じがする。あとは古代史……? まあこれは無駄な思いつき。

他にも色々論文を読んではいるけど卒論で使うかどうかよくわからない。上に挙げた文献も最後にどう扱うか想像がつかない。

趣味

  • Christin Schillinger, Bassoon Reed Making: A Pedagogic History (Bloomington & Indianapolis: Indiana University Press, 2016).

読んでたらリード自作するか〜〜という気分にちょっとだけなったけど投資費用がね…

  • 足立武志『株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書』ダイヤモンド社 (2012)

TL で紹介されていたから購入。勉強になる。

  • ユリイカ(特集:バーチャル YouTuber)』7月号 (2018)

岩倉文也の詩、キズナアイのインタビュー、月ノ美兎の漫画、小林銅蟲「極私的仮想存在者作業日報」、窓ハルカ「くまーめいど、バーチャルをやる」、にゃるら「バーチャルYouTuber略史」を読むために購入。

*1: 柳生 (2015)

*2: 先生には「脱構築みたいな」と言われた…

発表メモ

最近勉強してるものを来週の発表のためにそろそろまとめたい。

  • フレデリック・ジャクソン・ターナー
    • 1893年発表の「フロンティア学説」でアメリカ西部史研究に多大な影響を与える
      • 20世紀のアメリカ西部史研究は「フロンティア学説」批判と批判に対する応答がメインテーマとなったという側面を持つ
      • そうでない側面もある
      • 日本の高校教科書でも「フロンティア学説」は紹介されているが近年(ここ50年ぐらい?)の動向はあまり反映されておらず、不十分
    • 「100年間にわたる「フロンティア学説」受容の経緯はそれ自体が歴史的な研究対象として成り立つ」という仮説が研究の出発点
    • フロンティア学説受容史を頑張ると何が嬉しいか
    • アメリカ西部史研究者のリストを作るだけでも一苦労なので、そのように……
  • いちおういまのところ研究テーマは西部史なのでターナー及びフロンティア学説から離れたジャンルも抑えておきたい
    • しかし何があるのかいまいちわからん
    • 元々は「西部」の表象史とか楽しそうと思ってたけど史料選びを間違えると詰む感じがすごい
    • 史学史の方がまだ落ち着いて取り組める
  • 最終的な目標として、「フロンティア学説受容の経緯が既に充分に歴史化されたとするのであれば、どのようにして私たちは『それ』を歴史として認識するに至ったのか」あるいは「未だにフロンティア学説が歴史化されていない(まあそんなことないと思うけど…)のであれば、それは何故か」あたりを落とし所にするとそれっぽい

www.youtube.com